PROJECT No.0049

仙台市観光課
あらはまワイワイキャンパス

 

 

 震災復興のための深沼海水浴場再開を見据えたプロジェクト「あらはまワイワイキャンパス」が開催。東部被災地域の賑わいづくりに向けて、本格的な海水浴場の再開を見据えた機運醸成や運営に係る課題の洗い出しを行うことを目的に、深沼海水浴場を場として活用した親水イベントの実施する。

 

[具体的な内容]

 震災前は多くの海水浴客でにぎわっていた「深沼海水浴場」で7月30日(日)七郷小学校と蒲町小学校に通う児童とその保護者参加による海イベント「あらはまワイワイキャンパス」を開催。

 ・イベント限定での遊泳(天候により中止)

 ・ライフセービング体験講座

 ・ビーチバレーの体験講座

 ・サンドアート体験

 ・ビーチクリーン

 ・あらはまラジオ

 

主催/仙台市文化観光局観光交流部観光課

共催/七郷地区町内会連合会、荒浜自治会

協力/特定非営利法人日本ライフセービング協会、仙台大学、宮城県ビーチバレーボール連盟

 

[プロジェクト実施期間]

開催日時/2017年7月29日~7月30日まで

(29日は荒天のため中止)

 

[企業・団体概要]

企業・団体名/仙台市文化観光局観光交流部観光課

所在地/仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

URL/http://www.city.sendai.jp/kanko/index.html

お問合せ先/022-214-8259

 

[東日本大震災で私たちは]

 仙台市民にとって「荒浜」は「深沼海水浴場」として馴染みの深い地域です。貞山堀にかかる橋を渡り、松林を抜けると、海が広がる。東日本大震災で深刻な津波被害を受けた報道は今でも多くの方が口にします。東日本大震災以降、災害危険区域として住むことができなくなってしまいましたが、7回目の夏を迎え、今年は地域と行政が連携しながら、第一歩となる親水イベントを実施しました。この取組みを次のステップにつなげていきます。